オーストラリアの不動産投資の税金、節税対策【税理士解説】

オーストラリアの不動産投資の税金、節税対策【税理士解説】

最近はちょっと前ほどの過熱ぶりはないものの、まだまだ不動産投資は人気です。都市部では最近また盛り返してきた感があります。日本人でも不動産投資に興味のある方も多くなってきました。しかし、投資不動産を購入したはいいものの、それに伴う義務を分かっていないといけません。そこで、不動産を貸し出した際にどのような税金上の問題があるか見てみましょう。 まず、家やマンションなどの不動産を貸し出して得るレント(賃料)は立派な収入です。よって、この収入は仕事の収入や投資収入、ビジネス収入などと同様にタックスリターンでの申告義務があります。...
ネガティブギアリング – オーストラリアの不動産投資と節税対策【税理士解説】

ネガティブギアリング – オーストラリアの不動産投資と節税対策【税理士解説】

投資に興味のある方はなんとなく聞いたことがあるかもしれないNegative Gearing(ネガティブギアリング)という言葉。オーストラリアの節税対策としても有名です。特に不動産関係で聞くことがあることが多いかと思いますが、本来は不動産に限らず投資全般に使う言葉です。 先の選挙ではこのネガティブギアリングによる節税に制限額を設けるとか、できないようにするとかという話が焦点となりました。不動産業界は冷や汗ものだったのではないでしょうか。将来的にまたこの制度変更案は復活するかもしれません。...
タックスリターンでイマイチどうすればよいか分からない収入達

タックスリターンでイマイチどうすればよいか分からない収入達

実際お金が入ってきてる、お金のやり取りをしているけれども、タックスリターンで税金上どうすればよいか分からない収入があります。この中にはビジネスとして取り扱う収益活動やそうではない収益活動など、申告方法は違えど申告対象となる収入があります。...
実は税金にも関わってくるAirbnbとシェアハウス

実は税金にも関わってくるAirbnbとシェアハウス

最近注目を集めてきたAirbnb。ご存知の方も多いのではないでしょうか。 自分の家や空いた物件をAirbnbのオンラインプラットフォーム上で利用者(ゲスト)を募集して部屋を貸したり、自分のアパートを貸すというものです。利用者は携帯アプリでその場所の宿泊、滞在場所を探すことになります。日本では民泊というのでしょうか。Airbnbはゲストとホストの間に立って決済もしてくれます。 最近のビジネスのトレンドのオンラインプラットフォームを使った、Sharing Economyに当然ATOも黙ってはいません。...