タックスリターンでよくある勘違い

タックスリターンでよくある勘違い

タックスリターンには都市伝説が付き物です。素人が勝手にブログなどに書いたり、話が湾曲されて伝わったりと原因はいろいろ。Ezy Tax登場までは情報がなかったことも理由かもしれません。 メディバンクやBUPAなど私的健康保険を掛けていればメディケア税がなくなる 私的健康保険はMedicare Levy...
【2019年タックスリターン】急がない方がよいタックスリターン、特に今年は

【2019年タックスリターン】急がない方がよいタックスリターン、特に今年は

7月から2019年タックスリターン申告が始まります。 どちらにしてもタックスリターンがよく分からない、収入の把握に自信がない方には7月や8月の早い時期での申告はお勧めしておりません。これは我々の収入はATOに報告されるため、8月ごろになると登録税理士ならその報告された収入情報にアクセスでき収入の詳細を入手できたり、照合できるからです。これにより、思いもよらなかった収入、忘れている収入などの申告漏れを防ぐことができます。 あまり早く申告しない方がよいタックスリターン ATOは知っている もぜひお読みください。 ちなみに、Ezy...
経費をどれくらい使うと、スーパーアニュエーションにどれくらい拠出するとタックスリターンで税金はどれくらい減るのか

経費をどれくらい使うと、スーパーアニュエーションにどれくらい拠出するとタックスリターンで税金はどれくらい減るのか

経費をどれくらい使うと、スーパーアニュエーションにどれくらい拠出するとタックスリターンで税金はどれくらい減るのか。 タックスリターンで返金を増やすには経費が重要になります。どのようなものが経費になるかなど、経費についての詳細は経費計上のブログをぜひご覧ください。 また、スーパーアニュエーションに拠出することで節税も可能です。詳しくはスーパーアニュエーションによる節税戦略をご覧ください。別途コンサルティングも可能です。 最近ニュースになっている不動産投資によるネガティブギアリングによる節税方法もあります。...
タックスリターン経費計上項目 – マッサージセラピスト、マッサージ師

タックスリターン経費計上項目 – マッサージセラピスト、マッサージ師

タックスリターン経費計上項目 – マッサージセラピスト、マッサージ師 経費計上できるもの 業界誌、専門書 コンピューターなどを使ってパンフレット、チラシ、シフトなどを作る場合はコンピューターやソフトウェア ユニフォームを購入した場合はユニフォーム代 ユニフォームの場合は洗濯代 お客様の自宅への訪問施術、店舗が二つ以上ある場合はその間の交通費 通勤は経費計上不可 関連する学校のコース、セミナー ただし、学生ビザを取っているコースは経費計上不可 文房具 お客様に使うオイルなどの消耗品...
タックスリターンの経費を別の角度から見てみよう – 経費計上の根幹はここにある

タックスリターンの経費を別の角度から見てみよう – 経費計上の根幹はここにある

タックスリターンでどんなものが経費になるのだろう、と思っている方は多いと思います。 まず、経費というのは 課税(税金のかかる)収入に”ぶつける” が一番大切な原則です。 経費というのは、これはOK、ダメというのもあるのですが、多くは原則グレーです。つまり白か黒は簡単に決められません。これは税金というのは税”法”という法から来ているからです。 何が経費となるかよりも、どのような状況、何のためにという”大義名分”が大きな要素...
学生ビザの学費はタックスリターンで経費計上できるのか

学生ビザの学費はタックスリターンで経費計上できるのか

学生ビザを取った学校の学費がタックスリターンで経費計上できるか、という質問を時々いただきます。学生ビザなどビザのことを知らない会計士の中にはできるとアドバイスする会計士がいるため、「他の会計士にはできるっていわれたんですけどーーー」といった具合に弊社でも稀に苦情となって困ることがあります。こういうのは徹底的に調査するようATOにも懇願しています。この業界、理不尽な苦情とも戦っています。 仕事に直結する学校のコースを取る場合、学費や勉強にかかる費用が経費計上できます。これは本当です。...
忘れてはいけない 仕事の経費以外の経費計上項目

忘れてはいけない 仕事の経費以外の経費計上項目

仕事に関する経費以外にもタックスリターンで経費計上できるものがあります。 タックスリターン費用 これはいつ支払ったかで、前の年の年度のタックスリターンだけではありません。 例えば、2018年タックスリターンを申告する際は、2017年7月から2018年6月の間に会計士に払ったタックスリターン費用です。この期間に未申告の3年分を150ドル払っていたら、その未申告のタックスリターンの年度が2009年、2010年、2017年ものでも150ドル経費計上できます。...
Uber(タクシー)やる人、やっている人必見 – Uberに関わる税金

Uber(タクシー)やる人、やっている人必見 – Uberに関わる税金

最近在豪日本人やワーホリで行う人が増えてきたUber。 私もシドニーに行った際は利用しますが、都市部では利用する人も多いのではないでしょうか。 気軽に始められる反面、税金上は思いの外厄介です。 このUberはSharing Economyといい、Airbnbと共にATOの注視項目となっております。UberなどのSharing Economyは簡単に登録者の検索ができるので、摘発が容易です。Uber側もATOに情報提供します。 Uberの収入は ABNを取得 売上に関わらず、GST登録が必要 ABN収入としてタックスリターンで申告...
タックスリターン経費計上項目 – 美容師

タックスリターン経費計上項目 – 美容師

経費計上項目 – 美容師 経費計上できるもの 美容に関する雑誌、本 コンピューターなどを使ってパンフレット、チラシ、シフトなどを作る場合はコンピューターやソフトウェア ユニフォームを購入した場合はユニフォーム代 ユニフォームの場合は洗濯代 店舗が二つ以上ある場合はその間の交通費 通勤は経費計上不可 関連する学校のコース、セミナー ただし、学生ビザを取っているコースは経費計上不可 文房具 はさみなどの道具 お客様に使うワックス、美容用品 本社に連絡を入れたりする場合の携帯電話代および本体 メンバーシップ、協会費用...
タックスリターン経費計上項目 – シェフ

タックスリターン経費計上項目 – シェフ

経費計上項目 – シェフ 経費計上できるもの 包丁、包丁研ぎ、キッチン用具などの道具 料理に関する雑誌、本 コンピューターなどを使ってシフト、メニューなどを作る場合はコンピューターやソフトウェア ユニフォームを購入した場合はユニフォーム代 ユニフォームの場合は洗濯代 シェフのインダストリーのユニフォーム ユニオン 店舗が二つ以上ある場合はその間の交通費通勤は経費計上不可 関連する学校のコース、セミナー、講習ただし、学生ビザを取っているコースは経費計上不可。 文房具 メンバーシップ、協会費...
タックスリターン経費計上項目 – ウェイター、ウェイトレス、カフェワーカー

タックスリターン経費計上項目 – ウェイター、ウェイトレス、カフェワーカー

経費計上できるもの ワインや食事など仕事に関連するものに関する雑誌、本 コンピューターなどを使ってシフトなどを作る場合はコンピューターやソフトウェア ユニフォームを購入した場合はユニフォーム代 ユニフォームの場合は洗濯代 店舗が二つ以上ある場合はその間の交通費 通勤は経費計上不可 RSAや関連する学校のコース、セミナー ただし、学生ビザを取っているコースは経費計上不可 文房具 道具 本社、お店に連絡を入れたりする場合の携帯電話代および本体 経費計上できないもの 化粧用具 ロゴの入っていないただの黒いスラックス、パンツ、靴...
タックスリターンは経費計上チェックがどんどん厳しくなっている。そのために・・・

タックスリターンは経費計上チェックがどんどん厳しくなっている。そのために・・・

今年もいっそうタックスリターンの経費計上のチェックがかなり厳しくなります。 かつてのバラマキから一転、財政難で税収増が急務のオーストラリア。国の焦りが伝わってきます。ワーキングホリデービザ保持者だけへの増税、通称“バックパッカー税”もその一例。 この傾向で、経費の計上をなるべくさせないよう躍起になっております。最近はこのニュースが頻繁に出てくるので聞いたことがある方もいるかもしれません。...
飲食はどの場合に経費計上できるのか

飲食はどの場合に経費計上できるのか

基本的に食べ物、飲み物は経費計上できないオーストラリア。 オーストラリア税法の基本スタンスである、生活に最低限必要な服や口に入れるものは収入を得る目的でも経費計上できない、という原理原則から来ています。 お客様とのミーティング、接待などが経費計上できる日本とは異なるところです。 しかも、会社のパーティーなど、従業員に飲食を供与した際はFringe Benefit Tax(供与税)という最高税率の税金を雇用者の方が課税されます。ちなみにこのFringe Benefit...