経費をどれくらい使うと、スーパーアニュエーションにどれくらい拠出するとタックスリターンで税金はどれくらい減るのか

経費をどれくらい使うと、スーパーアニュエーションにどれくらい拠出するとタックスリターンで税金はどれくらい減るのか

経費をどれくらい使うと、スーパーアニュエーションにどれくらい拠出するとタックスリターンで税金はどれくらい減るのか。 タックスリターンで返金を増やすには経費が重要になります。どのようなものが経費になるかなど、経費についての詳細は経費計上のブログをぜひご覧ください。 また、スーパーアニュエーションに拠出することで節税も可能です。詳しくはスーパーアニュエーションによる節税戦略をご覧ください。別途コンサルティングも可能です。 最近ニュースになっている不動産投資によるネガティブギアリングによる節税方法もあります。...
元ワーホリが、ブリッジングビザ期間中にたくさん税金を取られないために

元ワーホリが、ブリッジングビザ期間中にたくさん税金を取られないために

ワーホリや学生ビザでオーストラリアに来て、ビジネスビザや永住ビザを取得したり、オーストラリア人の彼氏、彼女ができ、そのままディファクトビザを取る方もいるかと思います。 ワーキングホリデービザ、学生ビザの後に他のビザを取るにあたり、ご存知の通り申請後すぐにはビザは出ません。そこで、次のビザと前のビザのつなぎでブリッジングビザというのが出ます。 ワーホリは非課税枠(税金のかからない範囲)なしで37000ドルまで15%の税金が取れ、オーストラリア人、永住者、ビジネスや学生ビザの方より高い税金を科されます。 さて、...
タックスリターンの経費を別の角度から見てみよう – 経費計上の根幹はここにある

タックスリターンの経費を別の角度から見てみよう – 経費計上の根幹はここにある

タックスリターンでどんなものが経費になるのだろう、と思っている方は多いと思います。 まず、経費というのは 課税(税金のかかる)収入に”ぶつける” が一番大切な原則です。 経費というのは、これはOK、ダメというのもあるのですが、多くは原則グレーです。つまり白か黒は簡単に決められません。これは税金というのは税”法”という法から来ているからです。 何が経費となるかよりも、どのような状況、何のためにという”大義名分”が大きな要素...
お前ズルい、あなたズルいは税金にも当てはまる – 税金の公平性

お前ズルい、あなたズルいは税金にも当てはまる – 税金の公平性

税金は公平でなくてはならない 税金とは何なのか、に続いて税金の公平性について考えてみましょう。何をもって公平である、というのでしょうか。税金において公平とは、いろいろなことが考えられます。売る側に課せばいい、稼いだ者に課せばいい、買った人全員に課せばいい、何歳以上に課せばいい、何かを使った者に課せばいい、金持ちに課せばいい、資産をたくさん持っている人に課せばいい、などいろいろな税金の課税方法があります。...

年度末 節税戦略

会計年度末です。 オーストラリアの会計年度は7月から6月までですが、6月中にすることによって節税となる対策を見ていきましょう。特にビジネス税務に関しては金額が大きいため、会計年度末である6月中の節税戦略はきわめて重要となります。 まずは個人です。個人の税務では多くはありませんが、以下となります。 近いうちに買う予定のある経費となるものを前倒しで購入する 募金をする 6月の給料分からスーパーアニュエーションへの追加積み立てを雇用者に依頼する 収入の少ない配偶者のスーパーアニュエーションに積み立てをする...
Uber(タクシー)やる人、やっている人必見 – Uberに関わる税金

Uber(タクシー)やる人、やっている人必見 – Uberに関わる税金

最近在豪日本人やワーホリで行う人が増えてきたUber。 私もシドニーに行った際は利用しますが、都市部では利用する人も多いのではないでしょうか。 気軽に始められる反面、税金上は思いの外厄介です。 このUberはSharing Economyといい、Airbnbと共にATOの注視項目となっております。UberなどのSharing Economyは簡単に登録者の検索ができるので、摘発が容易です。Uber側もATOに情報提供します。 Uberの収入は ABNを取得 売上に関わらず、GST登録が必要 ABN収入としてタックスリターンで申告...
タックスリターン経費計上項目 – 旅行業、ツアーガイド

タックスリターン経費計上項目 – 旅行業、ツアーガイド

経費計上項目 – 旅行業、ツアーガイド 経費計上できるもの ツーリズム専門誌、本 インターネット 会社の指示の元での仕事に関連したツアー、アトラクション入場料 ごく少数のケースでの視察を伴った旅費および泊りの際は食事、ホテル代 コンピューターなどを使ってシフト、ポスター、ポップ、パンフレットなどを作る場合はコンピューターやソフトウェア ユニフォームを購入した場合はユニフォーム代 ユニフォームの場合は洗濯代 店舗が二つ以上ある場合はその間の交通費 通勤は経費計上不可 関連する学校のコース、セミナー、講習...
会計の発想を生活に取り入れる

会計の発想を生活に取り入れる

ビジネスを行っていると必ず出会う用語Asset(資産)とExpense(費用)。ともにお金を使った時に出てくるものです。ビジネスオーナーの中にはお金を使っているのに、一体何が違うのだろうと疑問に思ったことのある方もいらっしゃると思います。 このAssetとExpense をここでは簡略版になりますが、違った角度から今回は考えてみましょう。AssetとExpenseともにお金を払ったときに発生するものです。では何が違うのか。...
スーパーアニュエーションによる節税戦略

スーパーアニュエーションによる節税戦略

Facebook Twitter LinkedIn Google+ 4月になり、会計年度終了まであと3か月、そろそろ節税戦略を考える時期が近づいています。 一番メジャーな節税方法のスーパーアニュエーション。 オーストラリアも財政難で、自分の老後の資金は自分で貯めておいてほしい、というのが本音です。そのため、スーパーアニュエーション(スーパー)への拠出による税金の優遇策を出しています。 雇用主に頼み、給料の一部をスーパーに払ってもらう。これにより, スーパーに追加で払った部分については税金がかかりません(Salary...
ビジネス、投資、不動産購入をする際は

ビジネス、投資、不動産購入をする際は

個人、会社、トラスト、パートナーシップ、ビジネスを始める、賃貸不動産購入、投資をするのにどの形態で始めるか、を考慮することが大切です。 ビジネスに関しては過去のこちらの記事をご覧ください。 特に日本人はお金を掛けず取り敢えず、始めよー、という方が多いのですが、場合によっては長い目で見れば高くつきます。これも目先の請求書の金額だけが費用じゃない、ということに関連します。あとから変更するのに手間になることや、税金の問題が発生することや、後から変えても問題ないけど、結局税理士費用が多くかかったなどというケースがあります。...
ビジネスによっては今年の7月から、または来年2019年7月から給与管理、ATOへの報告が大きく変わります。

ビジネスによっては今年の7月から、または来年2019年7月から給与管理、ATOへの報告が大きく変わります。

Single Touch Payrollといい、ATOが給料、スーパーアニュエーション、税金の源泉徴収の報告を全てオンラインで一括管理、雇用主は全てオンラインでの報告となります。 2018年4月1日時点で従業員が20人以上のビジネスは今年2018年7月からの強制施行、19人以下のビジネスは2019年7月からの強制施行となります。これに伴い、20人以上のビジネスは今から、19人以下のビジネスもなるべく早く会計ソフトに変更する必要があります。これを決めるのが来週4月1日のHeadcount。 Single Touch...
タックスリターン間近、経費計上での節税ポイント

タックスリターン間近、経費計上での節税ポイント

経費計上で税金を減らし、返金を多くする、ただし・・・ オーストラリアの財政難とともに監査が厳しくなっている経費計上。 ATOは経費計上の上限をつけようとするも、多くの反対に合い断念。 無料でできるというのを売りにし、自分でタックスリターンをさせて無知をいいことに経費計上をさせない、条件を強化することで経費計上をさせない、という別ルートでのやり方で税収増に繋げるというやり方に出てきました。 ATOのITシステムの進化とともに、自動的に監査の抽出まで行われるようになっております。...