収益性を考える

収益性を考える

今回のコロナ禍で時間ができたり、何か世界のスタンダードが変わるのを肌で感じたり、残念ながら失職し次を見ている方もいらっしゃると思います。その中で何か自分で始めよう、という方もいるでしょう。 ビジネスを始める際最初に思いつく、必要なアイデア、こんなことをしよう。いろいろなアイデアがあり、それを元にビジネスを始めていきます。新規事業かもしれませんし、既存のビジネスを購入するなど、ビジネスを始める方法はいろいろあります。 さてこの際に注意しなくてはならないのが、 お金をどうやって儲けるのか です。...
ビジネスの会計を難しくしている原因

ビジネスの会計を難しくしている原因

そんなに儲かってるっけ?そんなに儲かってないっけ? 利益は出てると言われるのだが実感がない、というビジネスオーナーもいるでしょう。気持ちはよーく分かります。このビジネスの会計を難しくしているのは お金の増減と利益が一致しないから です。 利益というのはProfit & Loss(損益計算書)というのに載ります。収入から費用を引いたものです。さてこの収入と費用ですが、 必ずしもお金が入ってくることではありません。費用も必ずしもお金が出ていくことではありません。 例えを出すとすぐに分かります。 現金と利益がずれる例 例えば、...
入ってくるもの、出ていくもの

入ってくるもの、出ていくもの

私は職業柄どうやって体重を維持しているのかと聞かれます。 ビジネスにおける利益もダイエットと似ています。入ってくるもの、出ていくもののバランスによって決まるということです。 利益 = 売上 – 費用 ですが、 売上は 顧客単価 x 顧客数 で決まります。 本来は顧客獲得コストや、顧客原価などもっと細かい変数で考えていかなくてはなりませんが、今は単純に考えましょう。顧客単価のお話はまた機会があれば。ここからまた、さらにマーケティングにも繋がっていきます。 利益 =(顧客単価 x 顧客数)- 費用...