シングルマザー、シングルファーザーの手当て 税金 タックスリターン

シングルマザー、シングルファーザーの手当て 税金 タックスリターン

シングルマザー、シングルファーザーのための政府補助 オーストラリアでも残念ながら離婚や死別で1人で子供を育てている片親家庭も少なくありません。私も月に20日ほど1人で3人の子供の面倒を見ているため、1人でお子様の面倒を見ている方の大変さは多少なりとも分かります。 さて、シングルファーザー、シングルマザーの方はFamily Tax Benefit A & B(ファミリータックスベネフィット AとB)に加え、子供が8歳になるまでParenting Payment...
Low and Middle Tax Offset(低中所得者税控除)増額決定

Low and Middle Tax Offset(低中所得者税控除)増額決定

2025年までに進める減税政策Tax Cutの一環のLow and Middle Income Tax Offsetの増額が法律として可決されました。 もともとこのLow and Middle Tax Offsetは決まっていましたが、この金額の増額が2020年の連邦予算案で上げれら今月正式に法律可決となりました。今期のタックスリターン申告が始まる前はいつ決定されるのか、という話題になっていましたが、返金第1号に間に合いました。...
オーストラリアで起業 ビジネス – 実はオーストラリアにいる時点で有利な立場に立っている

オーストラリアで起業 ビジネス – 実はオーストラリアにいる時点で有利な立場に立っている

ビジネスにおいて、差別化は大きな要素の一つ です。マーケティングについてはクライアント様からのコンサルティング依頼や機会があればお伝えしますが、 差別化というのはサービス、商品、価格、顧客対応力、スピードなどで他のサービス、お店と差を付け、お客様を呼び込むというマーケティング戦略の一つです。 日本に行った際に優れた商品、サービスと出会うのは、日本はオーストラリアより競争の厳しい業界が多いため差別化を図らないとやっていけないからです。 これはまたの機会にして、...
日本に完全帰国する際に税金上ですること

日本に完全帰国する際に税金上ですること

永住ビザ保持者、駐在員、ビジネスビザ、学生ビザ保持者、ワーキングホリデービザの方も皆、ビザが切れたり、都合によりオーストラリアを離れることがあるでしょう。 この際に税金に関わることを忘れてはなりません。 オーストラリアを出国、とは言っても、いろいろな動機、期間があると思います。一週間の短期のホリデーから、数か月、1年の中期、2年を超える長期、もう戻ってくるビザがなかったり、戻ってくる気もない、などといろいろなケースが考えられます。...
【タックリターン海外収入】オーストラリアの税金の対象となる日本の収入

【タックリターン海外収入】オーストラリアの税金の対象となる日本の収入

税法上の居住者は、日本も含め国外からの収入があれば、それを申告しなければなりません。 オーストラリアに住んでいる方のほとんどが税法上の居住者となります。 ATOの過去のProject DO ITキャンペーンでも分かる通り、ATOは海外収入に敏感です。Project DO ITキャンペーンは2014年にATOが行ったもので、 「海外収入があった人は~の期間内に正直に言えば罰金は免除してあげるよ」 というキャンペーンでした。ATOはTax Crime、脱税容疑とまで言っています。 永住権保持者、市民権保持者は、 日本のビジネス収入...
タックスリターン経費計上項目 – 旅行業、ツアーガイド

タックスリターン経費計上項目 – 旅行業、ツアーガイド

経費計上項目 – 旅行業、ツアーガイド 経費計上できるもの ツーリズム専門誌、本 インターネット 会社の指示の元での仕事に関連したツアー、アトラクション入場料 ごく少数のケースでの視察を伴った旅費および泊りの際は食事、ホテル代 コンピューターなどを使ってシフト、ポスター、ポップ、パンフレットなどを作る場合はコンピューターやソフトウェア ユニフォームを購入した場合はユニフォーム代 ユニフォームの場合は洗濯代 店舗が二つ以上ある場合はその間の交通費 通勤は経費計上不可 関連する学校のコース、セミナー、講習...