価格弾力性とは – 効果的に値上げ、値段設定しよう

価格弾力性とは – 効果的に値上げ、値段設定しよう

 価格弾力性とは 価格弾力性とは元々経済学の用語で 価格を上げる、下げることにより需要が増える、減るの度合を測った数値 です。 値段が上がった時、下がった時のインパクトです。 ちなみに、英語ではPrice Elasticityといいます。 数式で言うと、 需要の増減 ÷ 価格の増減 となります。 この数値が大きいと価格弾力性が大きいといい、小さいと価格弾力性が小さいとなります。...
利益の公式 – ビジネスはこの式に集約される

利益の公式 – ビジネスはこの式に集約される

私は職業柄どうやって体重を維持しているのかと聞かれます。ビジネスにおける利益もダイエットと似ています。入ってくるもの、出ていくもののバランスによって決まるということです。 お金を稼ぐための最も基本的な数式 ビジネスや会計の知識がなくともなんとなく分かる下記の式。利益というのがどのように導かれるかは、 利益=売上 – 費用 です。 これをもうちょっと噛み砕いて見てみましょう。 売上は 顧客単価 x 顧客数 で決まります。 顧客単価はお客1人当たりが支払う金額、顧客数はお客の数です。...
ビジネスの会計を難しくしている原因

ビジネスの会計を難しくしている原因

そんなに儲かってるっけ?そんなに儲かってないっけ? 利益は出てると言われるのだが実感がない、というビジネスオーナーもいるでしょう。気持ちはよーく分かります。このビジネスの会計を難しくしているのは お金の増減と利益が一致しないから です。 利益というのはProfit & Loss(損益計算書)というのに載ります。収入から費用を引いたものです。さてこの収入と費用ですが、 必ずしもお金が入ってくることではありません。費用も必ずしもお金が出ていくことではありません。 例えを出すとすぐに分かります。 現金と利益がずれる例 例えば、...
なぜ税理士によってタックスリターンの結果が違うのか?

なぜ税理士によってタックスリターンの結果が違うのか?

この税理士に持って行ったら返金がXXXドルだと言われたのに、こっちに持って行ったらXXXドルだった。このように税理士によってタックスリターンの結果が変わることがあります。返金が多くなった、少なくなったといったというように、結果がよくなる、悪くなるという両方の側面があります。 本来同じ税法を使うので、必ず結果は一緒になります。ただ、“法”ですので、白黒がないことがあります。 ただ、実際はそうでもありません。 理由としては、 税理士の無知、知識不足 経費計上のさじ加減 税法の解釈の違い 経費、家族構成や子供の数など、情報開示不足...
会計の発想を生活に取り入れる

会計の発想を生活に取り入れる

ビジネスを行っていると必ず出会う用語Asset(資産)とExpense(費用)。ともにお金を使った時に出てくるものです。ビジネスオーナーの中にはお金を使っているのに、一体何が違うのだろうと疑問に思ったことのある方もいらっしゃると思います。 このAssetとExpense をここでは簡略版になりますが、違った角度から今回は考えてみましょう。AssetとExpenseともにお金を払ったときに発生するものです。では何が違うのか。...