価格弾力性とは – 効果的に値上げ、値段設定しよう

価格弾力性とは – 効果的に値上げ、値段設定しよう

 価格弾力性とは 価格弾力性とは元々経済学の用語で 価格を上げる、下げることにより需要が増える、減るの度合を測った数値 です。 値段が上がった時、下がった時のインパクトです。 ちなみに、英語ではPrice Elasticityといいます。 数式で言うと、 需要の増減 ÷ 価格の増減 となります。 この数値が大きいと価格弾力性が大きいといい、小さいと価格弾力性が小さいとなります。...
利益の公式 – ビジネスはこの式に集約される

利益の公式 – ビジネスはこの式に集約される

私は職業柄どうやって体重を維持しているのかと聞かれます。ビジネスにおける利益もダイエットと似ています。入ってくるもの、出ていくもののバランスによって決まるということです。 お金を稼ぐための最も基本的な数式 ビジネスや会計の知識がなくともなんとなく分かる下記の式。利益というのがどのように導かれるかは、 利益=売上 – 費用 です。 これをもうちょっと噛み砕いて見てみましょう。 売上は 顧客単価 x 顧客数 で決まります。 顧客単価はお客1人当たりが支払う金額、顧客数はお客の数です。...
ビジネスの会計を難しくしている原因

ビジネスの会計を難しくしている原因

そんなに儲かってるっけ?そんなに儲かってないっけ? 利益は出てると言われるのだが実感がない、というビジネスオーナーもいるでしょう。気持ちはよーく分かります。このビジネスの会計を難しくしているのは お金の増減と利益が一致しないから です。 利益というのはProfit & Loss(損益計算書)というのに載ります。収入から費用を引いたものです。さてこの収入と費用ですが、 必ずしもお金が入ってくることではありません。費用も必ずしもお金が出ていくことではありません。 例えを出すとすぐに分かります。 現金と利益がずれる例 例えば、...
経営者になろう – あなたはもう職人でも、従業員でもない

経営者になろう – あなたはもう職人でも、従業員でもない

タイトルからビジネスを始めよう、という趣旨かと思われるかもしれませんが、ちょっと中身が違います。 あなたの職業は経営者である 何か雇われて仕事をしていて独立する方も多いと思います。例えば、レストランで働いていて、自分でレストランやテイクアウェイショップを開く、ウェブデザイナーで働いていて独立する、お土産屋で働いていて、お店を開く、車の修理工場で働いていて、自分で修理工場を開く、弁護士事務所で働いていて、自分の事務所を開くなどです。 この際に注意すべきことは、...
入ってくるもの、出ていくもの

入ってくるもの、出ていくもの

私は職業柄どうやって体重を維持しているのかと聞かれます。 ビジネスにおける利益もダイエットと似ています。入ってくるもの、出ていくもののバランスによって決まるということです。 利益 = 売上 – 費用 ですが、 売上は 顧客単価 x 顧客数 で決まります。 本来は顧客獲得コストや、顧客原価などもっと細かい変数で考えていかなくてはなりませんが、今は単純に考えましょう。顧客単価のお話はまた機会があれば。ここからまた、さらにマーケティングにも繋がっていきます。 利益 =(顧客単価 x 顧客数)- 費用...