バックパッカー税がなくなる!? – ワーホリの税金が激変するかも

バックパッカー税がなくなる!? – ワーホリの税金が激変するかも

大してニュースにもならず、まして日本語では情報が出てこない、知らぬが損になってしまう可能性もあり、当ブログで公開しておきます。勝手に引用して、自分のブログに載せないように。このブログから学んでブログを書く場合はEzy Taxを引用すること。 ATO、ワーホリに裁判で負ける 2019年10月30日、Federal(連邦)裁判所にて ワーホリ税、通称バックパッカー税は違法である という判決が出ました。 これは租税条約に違反する“差別的行為”である、という理由です。Addy v Commissioner of Taxation...
ワーホリから他のビザを申請する可能性がある場合のタックスリターン申告

ワーホリから他のビザを申請する可能性がある場合のタックスリターン申告

返金のある人の方が少なくなったワーホリのタックスリターン。居住区分の違いでもほとんどのケースで居住者として通っても700ドルの違いしかなくなりました。ちなみにタックスリターンのリターンは戻るという意味の日本語ではありません。申告という意味です。 さて、ATOは ワーキングホリデービザ保持者はほぼ全員非居住者である とする始末で仮に居住者として申告してもATOに非居住者にひっくり返されることも多々。 ワーホリのタックスリターンの居住区分については ワーホリ タックスリターン居住者・非居住者問題 に詳しくありますのでご覧ください。...
元ワーホリがブリッジングビザ期間中にたくさん税金を取られないために

元ワーホリがブリッジングビザ期間中にたくさん税金を取られないために

ワーホリや学生ビザでオーストラリアに来て、ビジネスビザや永住ビザを取得したり、オーストラリア人の彼氏、彼女ができ、そのままディファクトビザを取る方もいるかと思います。 ワーキングホリデービザ、学生ビザの後に他のビザを取るにあたり、ご存知の通り申請後すぐにはビザは出ません。そこで、次のビザと前のビザのつなぎでブリッジングビザというのが出ます。 ワーホリは非課税枠(税金のかからない範囲)なしで37000ドルまで15%の税金が取れ、オーストラリア人、永住者、ビジネスや学生ビザの方より高い税金を科されます。 さて、...
ワーホリ重課税、通称 ”バックパッカータックス” 概ね決定

ワーホリ重課税、通称 ”バックパッカータックス” 概ね決定

バックパッカー税 概ね決定 本日議論を呼んでいた2017年1月1日まで延期されていたバックパッカー税の内容が概ね決定しました。 元々の決定ではワーホリビザを持つ人は容赦なく、非課税枠なし(1ドルから税金がかかる)の32.5%の税金でしたが、これが19%になるということです。実は税率よりもこの1ドルから税金がかかる、非課税枠(税金のかからない範囲)の撤廃が一番痛い点となります。 ただ、非課税枠がなく、結局1ドルから税金を取られるのですが、13.5%は少なくなりました。 来月初旬の国会で法案が通過する予定です。...