オーストラリア 日本人会計士のブログ

日本人会計士事務所全豪初 ISO9001 取得 登録税理士、公認会計士事務所

オーストラリア全土および日本へ展開する、オーストラリア日本人利用者数最多、行列のできる日本人登録税理士、公認会計士事務所のブログ。代表 Shohei Kayaが独自の切り口で在住者、駐在員、日系企業、オーストラリアに興味のあるビジネス、留学生、ワーホリまで全ての方に贈ります。 オーストラリアのタックスリターン、税金、会計、ビジネス、ビジネスに関する教養を分かりやすく解説します。


お前ズルい、あなたズルいは税金にも当てはまる – 税金の公平性

お前ズルい、あなたズルいは税金にも当てはまる – 税金の公平性

税金は公平でなくてはいけない 税金とは何なのか、に続いて税金の公平性について考えてみましょう。何をもって公平である、というのでしょうか。税金において公平とは、いろいろなことが考えられます。売る側に課せばいい、稼いだ者に課せばいい、買った人全員に課せばいい、何歳以上に課せばいい、何かを使った者に課せばいい、金持ちに課せばいい、資産をたくさん持っている人に課せばいい、などいろいろな税金の課税方法があります。...

続きを読む
税金とは結局何なのか?

税金とは結局何なのか?

タックスリターンの“タックス”(税金)とはそもそも何なんでしょう。今まで税金というものを知らない成人がいるとは思ってもみませんでしたが、意外と多いことが分かりました。この辺りをきちんと教えない日本の教育も問題でしょう。 税金はその国に住む者、関わる者のメンバーシップ代(会費)である...

続きを読む
年収は全て自分のお金ではない – 新庄剛志氏がハマった税金の罠

年収は全て自分のお金ではない – 新庄剛志氏がハマった税金の罠

元阪神タイガースの新庄剛志氏が昔、年俸がいきなり2,200万円に跳ね上がった時に嬉しくてベンツを買ったと言います。この際、新庄選手は2,200万円もらえるのだから、2,000万円のベンツを買って、残り200万円で一年を過ごせば足りると考えたということです。その結果、お金が足りなくなり借金をしていたということです。 総収入と手取りの違いを考える 総収入、と税金を天引きされた後の手取りを考えてみましょう。これを分かっていないと、なんかお金がないなあ、とか今月払えない、などということが起こってしまいます。...

続きを読む
従業員を雇うビジネス必見 – シングルタッチペイロール(Single Touch Payroll)

従業員を雇うビジネス必見 – シングルタッチペイロール(Single Touch Payroll)

シングルタッチペイロール(Single Touch Payroll)とは何か シングルタッチペイロール(Single Touch Payroll)といい、ATOが 給料 スーパーアニュエーション 税金の天引き(源泉徴収) の報告を全てオンラインでリアルタイムに一括管理、雇用主は給料を全て会計ソフトを使いオンラインで報告しなくてはならなくなります。...

続きを読む
学生ビザの学費はタックスリターンで経費計上できるのか

学生ビザの学費はタックスリターンで経費計上できるのか

学生ビザを取った学校の学費がタックスリターンで経費計上できるか、という質問を時々いただきます。学生ビザなどビザのことを知らない会計士の中にはできるとアドバイスする会計士がいるため、「他の会計士にはできるっていわれたんですけどーーー」といった具合に弊社でも稀に苦情となって困ることがあります。こういうのは徹底的に調査するようATOにも懇願しています。この業界、理不尽な苦情とも戦っています。 仕事に直結する学校のコースを取る場合、学費や勉強にかかる費用が経費計上できます。これは本当です。...

続きを読む
Xeroクラウド会計ソフト – 時間、手間削減、正しい記帳で節税効果

Xeroクラウド会計ソフト – 時間、手間削減、正しい記帳で節税効果

Ezy Tax Solutionsは日本人会計事務所では唯一の、会計ソフトXeroのゴールドパートナーです。Xeroはビジネスをやっている方だとご存じの方も多いとは思いますが、オーストラリア最大手の会計ソフト。また、MYOB、Quickbooksのパートナーでもあります。      来年7月からのシングルタッチペイロール(Single Touch...

続きを読む
タックスリターンにおける車の費用の経費計上

タックスリターンにおける車の費用の経費計上

車を仕事やビジネスに使う場合は経費計上できます。ただし、一番大事なのは 自宅から職場までの通勤にかかるものは経費計上できません。 いつものShohei Kayaの経費計上の原則 どのような場合に どのような条件で 何を に沿って説明してみましょう。 どのような場合に経費計上できるのか 同日の複数の職場間、仕事間の移動 通常会社の指示、容認の下、職場から車で仕事のために車を使う 雇用契約で家から毎回異なる職場に派遣される場合 大きい機械、器材の運搬を必要とし、かつ職場に安全な保管場所提供されていない(20キロから30キロが目安)...

続きを読む
【必読】ワーホリタックスリターンで確実に結構な額の返金を得る方法

【必読】ワーホリタックスリターンで確実に結構な額の返金を得る方法

2017会計年度のバックパッカー税というワーホリから高い税金を取るというオーストラリアの方針以降、ワーホリが昔のように多くの返金を受け取ることができなくなりました。返金どころか追加で納税する必要のある方も多。 タックスリターンは義務であり、逃げられない、ATO(オーストラリア国税庁)と移民局がつながっているという現実の中、ワーホリはどのようにして追加納税を逃れ、返金を得ればよいのか。 実は返金を得る簡単な方法があります。 タックスリターンで結構な額の返金を得るにはシンプルに...

続きを読む
忘れてはいけない 仕事の経費以外の経費計上項目

忘れてはいけない 仕事の経費以外の経費計上項目

仕事に関する経費以外にもタックスリターンで経費計上できるものがあります。 タックスリターン費用 これはいつ支払ったかで、前の年の年度のタックスリターンだけではありません。 例えば、2018年タックスリターンを申告する際は、2017年7月から2018年6月の間に会計士に払ったタックスリターン費用です。この期間に未申告の3年分を150ドル払っていたら、その未申告のタックスリターンの年度が2009年、2010年、2017年ものでも150ドル経費計上できます。...

続きを読む
Income Tax Instalment(予定納税)とは何か

Income Tax Instalment(予定納税)とは何か

タックスリターンでの追加納税分は払ったのに、突然ATOから支払い請求が来て、ビックリしたという方もいるのではないでしょうか。これはIncome Tax Instalment(予定納税)です。 Income Tax Instalment(予定納税)は前年度のタックスリターンで銀行利息、賃貸収入などの投資収入やABN、ビジネス収入などで追加納税となった方にATOが科すもので、次のタックスリターンの税金の前払いとなります。 このIncome Tax...

続きを読む