オーストラリア日本人会計士が教える税金 会計 ビジネスのブログ

日本人会計士事務所全豪初 ISO9001 取得 登録税理士、公認会計士事務所

オーストラリア全土および日本へ展開する、オーストラリア日本人利用者数最多、行列のできる日本人登録税理士、公認会計士事務所のブログ。代表 Shohei Kayaが独自の切り口で在住者、駐在員、日系企業、オーストラリアに興味のあるビジネス、留学生、ワーホリまで全ての方に贈ります。 オーストラリアのタックスリターン、税金、会計、ビジネス、ビジネスに関する教養を分かりやすく解説します。


キャッシュジョブ – あなたの不正は本当に意味があるのか、働く方も不法労働者

キャッシュジョブ – あなたの不正は本当に意味があるのか、働く方も不法労働者

日豪プレスで反響の大きかった記事の加筆版です。 本来こんな言葉があること自体がおかしい“キャッシュジョブ” オーストラリアで一度は聞く”キャッシュジョブ”。最近は特に素人がブログなどで使うので、広まってきた言葉です。現金で給料を払って、働いていなかったことにするのが通称”キャッシュジョブ”です。違法賃金で人件費を抑えようとするビジネスがあることをご存知の方も多いでしょう。ひどいところだと時給10ドルや12ドルなどというところも。こういうビジネスでFair...

続きを読む
タックスリターンとファミリータックスベネフィット(Family Tax Benefit)、センターリンク

タックスリターンとファミリータックスベネフィット(Family Tax Benefit)、センターリンク

ファミリータックスベネフィット(Family Tax Benefit)とは オーストラリア市民権か永住ビザをお持ちの方でお子様がいる方は(収入が多く受給対象から外れる場合を除き)ほぼ100%の方がDepartment of Human Servicesからファミリータックスベネフィット(Family Tax...

続きを読む
ビジネスネームとは何なのか – オーストラリアのビジネスネーム

ビジネスネームとは何なのか – オーストラリアのビジネスネーム

ビジネスネームという言葉を聞いたことがある方もいると思いますし、今からビジネスを始めようと思っているがビジネスネームって何なんだろう?、自分には必要なのだろうか?、とお思いの方もいらっしゃると思います。 ビジネスネームというのは、 オーストラリアでビジネスをする際に個人事業主(Sole Trader)なら自分の名前、会社(Company)なら会社名以外の名前で営業する際に必要となるもの です。 ビジネスネームを取ったからといって、何か権利が与えられるわけでもなければ、責任が変わるわけでもありません。ただの義務です。 簡単に言うと、...

続きを読む
経営者になろう – あなたはもう職人でも、従業員でもない

経営者になろう – あなたはもう職人でも、従業員でもない

タイトルからビジネスを始めよう、という趣旨かと思われるかもしれませんが、ちょっと中身が違います。 あなたの職業は経営者である 何か雇われて仕事をしていて独立する方も多いと思います。例えば、レストランで働いていて、自分でレストランやテイクアウェイショップを開く、ウェブデザイナーで働いていて独立する、お土産屋で働いていて、お店を開く、車の修理工場で働いていて、自分で修理工場を開く、弁護士事務所で働いていて、自分の事務所を開くなどです。 この際に注意すべきことは、...

続きを読む
タックスリターンの経費を別の角度から見てみよう – 経費計上の根幹はここにある

タックスリターンの経費を別の角度から見てみよう – 経費計上の根幹はここにある

タックスリターンでどんなものが経費になるのだろう、と思っている方は多いと思います。 まず、経費というのは 課税(税金のかかる)収入に"ぶつける" が一番大切な原則です。 経費というのは、これはOK、ダメというのもあるのですが、多くは原則グレーです。つまり白か黒は簡単に決められません。これは税金というのは税"法"という法から来ているからです。 何が経費となるかよりも、どのような状況、何のためにという"大義名分"が大きな要素...

続きを読む
【最新版】学生ビザ、留学生のタックスリターンと税金

【最新版】学生ビザ、留学生のタックスリターンと税金

あまり情報がない学生ビザの方のタックスリターンとオーストラリアの税金に関すること 学生ビザはワーホリと異なり、年齢制限もなければ、子供、配偶者もオーストラリアに連れて来られる、永住権を取りに来た、勉強しに来た、年齢的にワーホリが無理などの様々な動機、バックグラウンド、状況の方がいらっしゃいます。 学生ビザのタックスリターンでの居住区分は?...

続きを読む
【最新版】ワーホリ タックスリターン居住者・非居住者問題

【最新版】ワーホリ タックスリターン居住者・非居住者問題

まだワーキングホリデービザの方の間で興味のある方がいるワーホリのタックスリターン居住者、非居住者問題。 これは素人が書いた間違った、勘違いしたブログや過去の情報がインターネット上に氾濫していることが理由です。ワーホリの場合、2018会計年度より居住者かどうかでの税金額の違いは最大445ドルです。そして、返金云々に関わらず、タックスリターン申告は義務です。 まず、ATO(オーストラリア国税庁)は基本的にほぼ全てのワーホリは非居住者である としています。 しかし、居住者で申告できるワーホリもたくさんいます。...

続きを読む
オーストラリアでビジネス – 実はオーストラリアにいる時点で有利な立場に立っている

オーストラリアでビジネス – 実はオーストラリアにいる時点で有利な立場に立っている

ビジネスにおいて、差別化は大きな要素の一つ です。マーケティングについてはクライアント様からのコンサルティング依頼や機会があればお伝えしますが、 差別化というのはサービス、商品、価格、顧客対応力、スピードなどで他のサービス、お店と差を付け、お客様を呼び込むというマーケティング戦略の一つです。 日本に行った際に優れた商品、サービスと出会うのは、日本はオーストラリアより競争の厳しい業界が多いため差別化を図らないとやっていけないからです。 これはまたの機会にして、...

続きを読む
お前ズルい、あなたズルいは税金にも当てはまる – 税金の公平性

お前ズルい、あなたズルいは税金にも当てはまる – 税金の公平性

税金は公平でなくてはならない 税金とは何なのか、に続いて税金の公平性について考えてみましょう。何をもって公平である、というのでしょうか。税金において公平とは、いろいろなことが考えられます。売る側に課せばいい、稼いだ者に課せばいい、買った人全員に課せばいい、何歳以上に課せばいい、何かを使った者に課せばいい、金持ちに課せばいい、資産をたくさん持っている人に課せばいい、などいろいろな税金の課税方法があります。...

続きを読む
税金とは結局何なのか?

税金とは結局何なのか?

タックスリターンの“タックス”(税金)とはそもそも何なんでしょう。今まで税金というものを知らない成人がいるとは思ってもみませんでしたが、意外と多いことが分かりました。この辺りをきちんと教えない日本の教育も問題でしょう。 税金はその国に住む者、関わる者のメンバーシップ代(会費)である...

続きを読む