忘れてはいけない 仕事の経費以外の経費計上項目

忘れてはいけない 仕事の経費以外の経費計上項目

仕事に関する経費以外にもタックスリターンで経費計上できるものがあります。 タックスリターン費用 これはいつ支払ったかで、前の年の年度のタックスリターンだけではありません。 例えば、2018年タックスリターンを申告する際は、2017年7月から2018年6月の間に会計士に払ったタックスリターン費用です。この期間に未申告の3年分を150ドル払っていたら、その未申告のタックスリターンの年度が2009年、2010年、2017年ものでも150ドル経費計上できます。...
Income Tax Instalment(予定納税)とは何か

Income Tax Instalment(予定納税)とは何か

タックスリターンでの追加納税分は払ったのに、突然ATOから支払い請求が来て、ビックリしたという方もいるのではないでしょうか。これはIncome Tax Instalment(予定納税)です。 Income Tax Instalment(予定納税)は前年度のタックスリターンで銀行利息、賃貸収入などの投資収入やABN、ビジネス収入などで追加納税となった方にATOが科すもので、次のタックスリターンの税金の前払いとなります。 このIncome Tax...
タックスリターンの返金と追加納税のメカニズム

タックスリターンの返金と追加納税のメカニズム

いくつかの所に寄稿もしていますが、もう一度タックスリターンのメカニズムを復習してみましょう。 タックスリターンのリターンは戻る、という意味ではありません。日本語で申告という意味です。タックスリターンはタックス申告、つまり確定申告のことを言います。 タックスリターンでお金が戻ってくるのを期待したはいいが、少額だったり、むしろ払う羽目になってガッカリした方もいるのではないでしょうか。 タックスリターンで返金があるのは過払い分の税金が戻ってくるからです。...
タックスリターン経費計上項目 – ケアワーカー、介護士

タックスリターン経費計上項目 – ケアワーカー、介護士

経費計上できるもの 専門誌、本 ユニフォームを購入した場合はユニフォーム代 ユニフォームの場合は洗濯代 訪問先が二つ以上ある場合はその間の交通費 通勤は経費計上不可 ただし、20キロを超える車いすのような器材を運ぶ場合は通勤も可 一度オフィス、本部により、その後指示により訪問先に向かう場合の本部から訪問先の間の交通費 送迎にかかる交通費 関連する学校のコース、セミナー、講習 ただし、学生ビザを取っているコースは経費計上不可 文房具 コンピューターなどを使ってシフトなどを作る場合はコンピューターやソフトウェア メンバーシップ、協会費...
タックスリターン監査、処理遅延になりやすいケース

タックスリターン監査、処理遅延になりやすいケース

ATOはあらゆる手を使って脱税を摘発しようとしています。コンピュータの進歩もその助けとなっています。また、財政難のため、税収増に躍起になっています。20年ほどオーストラリアにいる方なら知っていると思いますが、2000年代の大盤振る舞いぶりはなくなっています。 タックスリターンの処理の遅延や監査になりやすいケースをいくつか紹介してみましょう。 収入を全て申告していない過少申告となっている場合...
あまり早く申告しない方がよいタックスリターン

あまり早く申告しない方がよいタックスリターン

今年7月からの2019年タックスリターンは早く申告しないようにしてください。 今回は LMITO(Low and Middle Income Tax Offset)の法律がまだ正式可決されてない シングルタッチペイロール元年(一部の雇用主の元で働いている方はPAYGペイメントサマリーがありません、来年2020年度から完全撤廃) ですので、早く申告しない方が得策です。  ...
タックスリターン経費計上項目 – ピッカー、ファーマー

タックスリターン経費計上項目 – ピッカー、ファーマー

経費計上できるもの 日焼け止め 帽子 サングラス 軍手、手袋 ヘルメット 安全靴、滑り止め靴 ユニフォームを購入した場合はユニフォーム代 ユニフォームの場合は洗濯代 道具 フォークリフト免許 同日の二つのファーム間の移動の交通費 通勤は経費計上不可 文房具 オフィスに電話したりする場合の携帯電話代および本体 経費計上できないもの ロゴの入っていない服、ジーパン、Tシャツ レインコート 短期で会社に派遣される場合を除く滞在費、食事代 引っ越し費用 バンドエイド 目覚まし時計 よかったらぜひ「いいね!」、「シェア」お願いします。...
タックスリターンの返金額が去年より激減した!

タックスリターンの返金額が去年より激減した!

去年は多かったのに今年は返金が少ない、去年は返金があったのに今年は支払う羽目になった、なんでなんだ!がっかり!というのはタックスリターンではよく思うことであり、税理士も尋ねられます。場合によっては根拠もないのに返金が少ないのは何か間違っている!という不合理なことも多々。 そこでなぜこのようなことが起こるか考えてみましょう。 返金額は以下のメカニズムで決まります。 収入から引かれた税金額の合計 自分の課税所得に対する税金額...
タックスリターン経費計上項目 – クリーナー、清掃員

タックスリターン経費計上項目 – クリーナー、清掃員

経費計上できるもの 派遣先、掃除場所が二つ以上ある場合はその間の交通費 通勤は経費計上不可 ただし、20キロを超える道具、器材を運ぶ際は通勤も可 掃除道具、薬品の購入費用 道具をピックアップして、毎回異なる場所に派遣される際は、ピックアップした場所から掃除場所までの交通費 ライセンス申請費用 コンピューターなどを使ってシフトなどを作る場合はコンピューターやソフトウェア ユニフォームを購入した場合はユニフォーム代 薬品などから体を守る服、手袋、ブーツ ただし、ただ仕事の時に着る服、上着は経費計上付加...
タックスリターン経費計上項目 – ウェブエンジニア、ITエンジニア

タックスリターン経費計上項目 – ウェブエンジニア、ITエンジニア

経費計上できるもの IT専門誌、本 ソフトウェア お客様のオフィス、店へ訪問する際の交通費 通勤は経費計上不可 宿泊を伴う国内、国外出張費 文房具 ITアクセサリー コンピューター、モニターなどのIT器材本体 写真、デザインなどの題材、素材 プラットフォーム購読料 自宅で仕事する際の光熱費 雇用主が家での仕事を強制している場合はレントの一部(ただし厳しい条件あり) 持ち家のローン利息、保険、レイツは将来キャピタルゲインの対象となるので経費計上しない方が得策 会社、お客様に連絡を入れたりする場合の携帯電話代および本体...
タックスリターンの申告義務はどういった場合にあるのか

タックスリターンの申告義務はどういった場合にあるのか

毎年の税務申告は義務で罰金を防いだり、ファミリタックスベネフィットが止まらないためにも必要ですが、そもそも、どのような場合にタックスリターン申告の義務があるのでしょうか。 簡単に言うとタックスファイルナンバーを持っている人全員です。ただ、厳密に言うと、専業主婦の方など申告義務のない方は申告義務なしの届け出、のみで十分です。 ではタックスリターン申告が必要な場合はどのような場合か。主なものを上げてみましょう。 永住ビザ、市民権者、ビジネスビザ、学生ビザの方の場合 課税所得が18,201ドル以上の場合...
ワーホリのタックスリターンで追加納税となるケース

ワーホリのタックスリターンで追加納税となるケース

2017年度時に数千ドルの追加納税になったということが発生したため、皆様ビビッてしまうのですが、2018年度以降は2017年度と異なり、タックスリターン申告で追加納税になる人はほぼいません。そして、追加納税、返金に関わらずタックスリターンはビザのように法律で義務付けられたものです。...