タックスリターンでよくある都市伝説

タックスリターンでよくある都市伝説

タックスリターンはただの義務である確定申告のことですが、噂や間違った解釈が横行してます。そもそもタックスリターンという名前が悪く、リターンとあるので、日本人はつい戻ると訳してしまいます。その結果、タックスリターンを申告すると何かもらえる、と勘違いしてしまいます。 今回はよくある勘違いを羅列してみましょう 2つ仕事をすると税金をたくさん取られる...
タックスリターン経費計上項目 – チャイルドケアワーカー、保育士

タックスリターン経費計上項目 – チャイルドケアワーカー、保育士

経費計上できるもの 専門誌、本 教材、遊び道具、おもちゃ 教材となるテレビ番組作成等のためのテレビ、DVD、ビデオ本体代 コンピューターなどを使って教材などを作る場合はコンピューターやソフトウェア ユニフォームを購入した場合はユニフォーム代 ユニフォームの場合は洗濯代 職場が二つ以上ある場合はその間の交通費 通勤は経費計上不可 関連する学校のコース、セミナー、講習 ただし、学生ビザを取っているコースは経費計上不可 文房具 メンバーシップ、協会費 ユニオン 携帯電話代および本体 インターネット 遠足にかかる費用 ブルーカード申請料...
年度末 節税戦略

年度末 節税戦略

会計年度末です。 オーストラリアの会計年度は7月から6月までですが、6月中にすることによって節税となる対策を見ていきましょう。特にビジネス税務に関しては金額が大きいため、会計年度末である6月中の節税戦略はきわめて重要となります。 まずは個人です。個人の税務では多くはありませんが、以下となります。 近いうちに買う予定のある経費となるものを前倒しで購入する 募金をする 6月の給料分からスーパーアニュエーションへの追加積み立てを雇用者に依頼する 収入の少ない配偶者のスーパーアニュエーションに積み立てをする...
なぜ税理士によってタックスリターンの結果が違うのか?

なぜ税理士によってタックスリターンの結果が違うのか?

この税理士に持って行ったら返金がXXXドルだと言われたのに、こっちに持って行ったらXXXドルだった。このように税理士によってタックスリターンの結果が変わることがあります。返金が多くなった、少なくなったといったというように、結果がよくなる、悪くなるという両方の側面があります。 本来同じ税法を使うので、必ず結果は一緒になります。ただ、“法”ですので、白黒がないことがあります。 ただ、実際はそうでもありません。 理由としては、 税理士の無知、知識不足 経費計上のさじ加減 税法の解釈の違い 経費、家族構成や子供の数など、情報開示不足...
タックスリターン、ビジネスで税務会計士を選ぶ際は

タックスリターン、ビジネスで税務会計士を選ぶ際は

会計士にはいろいろな種類があります。会計士の中でも監査、会社の経理、財務部門、税務、倒産処理などいろいろな分野の会計士がいます。同じ氷の上を滑ってもアイスホッケー、フィギュアスケート、スピードスケート、カーリングなどがあるのと同じです。氷の上を滑るというのは同じですが、全く行っていること、フィールドが違います。 この税金に関しての税務を行うのがその内の一つの税務会計士、税理士(Tax Accountant)です。...