オーストラリアではいつでもビジネスが始められます。

今から始めよう、すでに始めたという方もいらっしゃると思います。

誰がビジネスをするのか

実はビジネスを始めるにあたり、最初に考えなくてはならないのは、

誰がビジネスを行うか

です。

自分でしょ、と思うと思いますが、自分が行うのは自分のABNを使って行うSole Trader(個人事業主)という形態のみです。オーストラリアにはあと3形態のビジネスをする実体があります。代表的なのは皆様もご存じの会社(法人)です。会社でビジネスを行う場合は、自分はあくまで、会社の従業員であり、契約など表に立ってビジネスを行うのは会社となります。

ガンダムでいうと、戦うのは(ビジネスを行う)ガンダムであり、アムロではありません。アムロはあくまでガンダムを操縦して戦います。アムロ(オーナー社長)がビジネスをする方、ガンダムが会社となります。どのビジネス形態で行うかは、税金、リスク、費用などを考慮に入れる必要があり、ぜひ弊社に相談することをお勧めいたします。

必ずくっついてくるやらなくてはいけないこと

次に、ビジネスを始めると売り上げを上げようと広告など、攻撃面につい目が行ってしまいますが、守らなくてはならない順守事項が必ず付いてきます。そのうちの一つがタックスリターンです。ビジネスの収入は立派な課税所得(税金のかかる収入)ですので、毎年タックスリターンでビジネスの収入を申告する義務があります。雇われているわけではないので、収入と経費の記録(記帳)を自分が記録していななくてはならず、雇われている時のように雇用主が作成するPAYGペイメントサマリーのようなものはありません。全て自分で管理します。

ビジネスには収入と経費に関する記帳が必ず必要

さて、記帳方法ですが、ノートに書いたり、エクセルを使ったり、会計ソフトを使ったりします。人を雇っていなかったり、ビジネスが小規模のうちは一年分まとめて領収書を足し合わせたり、エクセルにまとめてもよいでしょう。どのような記帳方法がよいか、どのように記帳をすべきか、はビジネスの規模、GST登録の有無、人を雇っているかにもよります。

人を雇ったり、GSTを登録しているビジネスなどはできれば会計ソフトをお勧めいたします。エクセルが安く済むのですが、エクセルはその人のセンスが出てきます。よくあるのが、本人しかわからないエクセルデータを作り、第3者が見て、何をやっているのか理解できない記帳となってしまうことがあります。また、ビジネス専用の銀行口座を作り、ビジネスだけの入出金を管理する、ということも大切です。また、ビジネス専用口座を作り、それを元に取引することで記帳も楽になります。記帳方法も会計士がアドバイスすることも可能です。

特にSingle Touch Payrollの施行で、人を雇う場合は専用のソフトウェアの利用が義務化されます。Single Touch Payroll についてはこちら

また、会計記帳はビジネスの目的ではありません。あくまでしなくてはならないからするだけのものです。ビジネスオーナーの目的は売り上げを上げビジネスを繁栄することですので、できる限りエネルギー、時間はビジネスの方に向けて記帳の手間を省き、時間とエネルギーを有効に使うことが大切です。

ブログトップ

よかったらぜひ「いいね!」、「シェア」お願いします。

個人タックスリターンからビジネス決算まで

日本人会計士事務所全豪初ISO9001 取得税理士 公認会計士事務所

有資格の登録税理士、公認会計士事務所による税務会計サービス

オーストラリア全土および日本へ展開するオーストラリア日本人利用者数最多、行列のできる日本人登録税理士、公認会計士事務所のブログ。代表 Shohei Kaya が独自の切り口で在住者、駐在員、日系企業、オーストラリアに興味のあるビジネス、留学生、ワーホリまで全ての方に贈ります。 オーストラリアのタックスリターン、税金、会計、ビジネス、ビジネスに関する教養を分かりやすく解説します。

セミナー、講演、コンサルティング、事業提携、出資依頼もお気軽にお問い合わせください。日豪どこでも伺います。