そんなに儲かってるっけ?そんなに儲かってないっけ?

利益は出てると言われるのだが実感がない、というビジネスオーナーもいるでしょう。気持ちはよーく分かります。このビジネスの会計を難しくしているのは

お金の増減と利益が一致しないから

です。

利益というのはProfit & Loss(損益計算書)というのに載ります。収入から費用を引いたものです。さてこの収入と費用ですが、

必ずしもお金が入ってくることではありません。費用も必ずしもお金が出ていくことではありません。

例えを出すとすぐに分かります。

現金と利益がずれる例

例えば、

  • 20,000ドルの機材を買う → 20,000ドルは費用としてProfit & Lossに載らず、減価償却という形で20,000ドルの一部がProfit & Lossに載る。しかし、現金は20,000ドル飛んでいます。
  • ローンを組んで100,000ドルのビジネスを購入。毎月、2,500ドルのローン返済 → 2,500ドルのローンの返済は費用ではなくProfit & Lossに載りません。しかし、現金は毎月2,500ドル飛んでいます。
  • 現金で不正給与払い(キャッシュジョブ)→ 従業員がいなかったことにするので費用となりませんので、Profit & Lossには載りませんが、現金は飛んでいます。ちなみに、税法上経費計上不可。
  • 現金一括で80,000ドルでビジネスを購入 → 80,000ドル自体は費用ではないためProfit & Lossに載りません。しかし、現金は80,000ドル飛んでいます。
  • お客様に2,000ドルの請求書を発行 → 2,000ドルの売上は収入となりProfit & Lossに載りますが、現金2,000ドルはまだもらっていませんので、2,000ドルの現金は増えていません。
  • 4,000ドルの仕入れの請求書を受け取る → 4,000ドルは費用としてProfit & Lossに載りますが、現金4,000ドルはまだ払っていませんので、4,000ドルはまだ減っていません。
  • 従業員を雇っているが、スーパーアニュエーションをまだ払っていない → スーパーアニュエーションの金額はProfit & Lossに載りますが、払っていないので現金はまだ減っていません。ちなみに税法上経費計上不可。
  • レントの請求書4,400ドルが受け取る → 4,400ドルは費用としてProfit & Lossに載りますが、現金4,400ドルはまだ払っていませんので、4,400ドルはまだ減っていません。
  • レントのボンドを5,000ドル払う → ボンドは費用ではないためProfit & Lossには載りませんが、現金5,000ドルは飛んでいます。
  • BAS申告でGST3,000ドル払う → GSTは費用ではないためProfit & Lossには載りませんが、現金3,000ドルは飛んでいます。

大人の教養として知っていて損はない黒字倒産という言葉

これらの共通点は収入、費用の認識タイミングと現金の支払い、受け取りのタイミングが異なることです。これがもとで黒字倒産という言葉があります。

黒字倒産の簡単な例は

41日、5,000ドルで在庫を仕入れる。支払い期限14日。

5日後

46日、6,000ドルで売却決定、請求書発行。支払い期限14日。

Profit & Lossに載る利益は

6,000ドル  5,000ドル = 1,000ドル(黒字)

415日の支払い期限になっても420日が期限の6000ドルの売上の現金はまだ入ってきていない → 415日に5000ドル払えない。終わり。

これは簡単な例で、5日くらい通常は待ってくれるかもしれません。しかし、実際のビジネスにおいてはこれが複数絡みます。ATOの税金も絡みます。ローンも絡みます。よって、現金の流れを把握しておかないと払えなくなる日が来てしまう可能性があります。これが積み重なり支払い不能となるのが黒字倒産です。

利益を出すのは大切ですが、現金の流れを追うことも大切です。特にローンで何かを購入されている方は自分が思っているより儲かってない感があるかもしれませんが、理由は上記の通りです。

弊社なら税金だけでなくこのような診断、アドバイスも可能です。Ezy Taxは皆様の頭脳になります。

 

よかったらぜひ「いいね!」、「シェア」お願いします。

個人タックスリターンからビジネス決算まで

日本人会計士事務所全豪初ISO9001 取得税理士 公認会計士事務所

有資格の登録税理士、公認会計士事務所による税務会計サービス

オーストラリア全土および日本へ展開するオーストラリア日本人利用者数最多、行列のできる日本人登録税理士、公認会計士事務所のブログ。代表 Shohei Kaya が独自の切り口で在住者、駐在員、日系企業、オーストラリアに興味のあるビジネス、留学生、ワーホリまで全ての方に贈ります。 オーストラリアのタックスリターン、税金、会計、ビジネス、ビジネスに関する教養を分かりやすく解説します。

セミナー、講演、コンサルティング、事業提携、出資依頼もお気軽にお問い合わせください。日豪どこでも伺います。